2018年1月21日 (日)

モンハンワールド体験版

会社の同僚3人で上級のアンジャナフ(?)に挑むも、全員1オチずつしたあげく、時間切れでクリアならず!(泣)
しかも自分は乱入してきたリオレウスに拘束されーの、投げ飛ばされーの、ブレスで留めさせられーので、散々な結果に。
ソロでは中級が限界。
プレイヤースキルがないうえに、3D酔いがパネェー!

2018年1月20日 (土)

いや笑った笑った、全国の相撲部の皆様勝

いや笑った笑った、全国の相撲部の皆様勝昭部?の皆様、そしてフォローしてくださってる皆様、お目汚し大変失礼いたしました。どうも私は嬉しいことがあるとテンションが上がりすぎてしまっていけないようです。また次の北の富士さん解説の日もこうなるかもしれません。先に謝ります。ごめんなさい。

東方神起ライブVCRの謎を読む

重要告知19日に未来屋書店に行かれた方へ。アールズ出版より、手違いで、コラムカードが配送されていない東方神起ライブMCを読むのコラムとは別のコラムが入っていたコラムカードがないので購入を見送ったという方への対応が最後に併記してあります。該当される方はお目通し願います。
20日、21日につきましては、予定通りコラム付きでの販売になります、とのこと。
さて、19日から始まった大阪公演は追加公演になるので、ネタバレ解禁かな、ということで、BeginAgainツアーの、ライブ映像VCRの謎解きです。
記憶を頼りに書いているので、後日DVD化された時に、記憶違いは正しますね。

1彼女は誰なのか?

今回の映像は、最初に荒廃した大地が出てきます。

そこに現れる、謎の黒いローブの女性。彼女は地中から文様のついた不思議な小箱を掘り出すと、神殿のような場所に向かう。

その入口には2つの石像。彼女が小箱を上に向かって放り投げると、空中で箱は2つに割れ、青い光と赤い光を宿し始める。

その光に呼応したかのように、2つの石像の表面が細かくひび割れていき、中から赤い布と青い布に包まれた身体が姿を見せる。

この、赤と青という色も、今回、重要なモチーフカラーとなっていて、実際にオープニングで登場する時の彼らの衣装も、赤と青なんだよね。

2人が時の止まった石像ではなく、生身の体を取り戻すと、女性は彼らの前に立ち、唇を動かす。

ーーーーーPleaseSaveus私達を救って
顔を見合わせる2人。チャンミンが彼女の手を取ると、ローブの袖がまくれ、精密機械の部品の模様のような、あるいはコンピュータなどのプログラミングの一部のようなものが、紫色の電光で浮かびあがっている。

彼女が指さした先に大きな扉が現れ、あのドアが導いてくれる。/必ず戻ってきて
と謎めいたメッセージを2人に送る。

2人は釈然としない様子を残しながらも頷き、ドアの向こうに消える。すると、彼女もまた実体を持った人物ではなく、仮想世界の何かであったかのように、紫色の光を放ちながら消えてしまう。

2つの石像が、それぞれユノチャンミンとして蘇る設定は、RebootというBeginAgainツアーに重ねられる、もう一つの始まりのメッセージとして、簡単にイメージできる。
2人はまさに石像のように、東方神起として止まった時間から、再起動の時を迎えたのだから。

でも、だとしたら、彼らを呼び覚ます女性は、いったい、何を意味するのか?彼女の腕に浮かび上がった紫色の模様、そして、たった1人なのに私達と複数形で語っていること、救ってというメッセージは、どう読まれるべきなのか?
2背中合わせの2人
単純なストーリーとして見るなら、彼女はファンであり、東方神起を復活させる者としての役割を担っている、と読むことができるだろう。

だからこそ、彼女は私ではなく私達なのだし、時が止まった石像である彼らを、生身の身体として復活させる小箱を、地中から掘り起こし、見つけ出すことができるのだ。

しかしストーリーは、石像が復活した時点で、世界を救っていない、という所がポイントだ。つまり、彼女はきっかけを与えはするが、それだけで世界の欠落は埋められてはいない。

そして彼女自身もまた、実体を持たない何かであり、2人をドアの向こうに見送った後、消えてしまう。
いったい、彼女は何者なのか?彼女が救ってほしいと訴える世界とは何なのか?

彼女に指さされたドアの向こうは別の世界に繋がっており、かつて世界は希望に満ちていたというメッセージとともに、光あふれる世界が2人の前に現れる。が、この美しい世界は幻で、映像に過ぎない。
それはすぐに崩壊し、廃墟、荒れ地と化した本当の世界が、実体として姿を現す。

そして、2人の目の前に更にドアが2つ出現し、1人1人、別に進むよう誘導する。
その進んだ先で、ようやく戦うべき敵が姿を現すが、それはユノにとってはチャンミン、チャンミンにとってはユノの姿をしている、というのが、このVCRの最大の見せ場と言えるだろう。

ユノはランス、チャンミンはソードとそれぞれ異なる武器を持ち戦うが、ユノはチャンミンを倒せず、チャンミンはユノを倒せない。

2人が偶然、壁を隔てて背中合わせの体勢を、そうと知らずに取った瞬間、2人を隔てていた壁は消え、それぞれ自分の顔をした敵を入れ替わって倒すことに成功するーーそれがこのVCRのあらすじだ。

3東方神起とは何かを問い続ける内なる旅

前述した通り、このVCRの一つ目のポイントは、彼らが石像から復活した時点で、世界は救われていない、ということではないかと思う。

それは、ユノとチャンミンがいて、それだけで単純に東方神起復活となる訳ではない、というメッセージのように、感じる。

つまりここでいう荒れ果てた世界とは、東方神起そのものなのだ。東方神起が、光を失い、荒れ果てている。
それを救えるのは、ユノとチャンミンだけだが、ユノとチャンミンだけで東方神起が成立する訳ではない。
彼らもまた、自分達を復活させる存在黒いローブの謎の女性がいて、初めて止まっていた時間から、抜け出すことができる。石像の崩壊

指示されたドアが導いていくのは、彼らの内なる世界であり、自分自身の深層心理にもぐりこんでいく、危険な内省の旅だ。ひとたび油断すれば、予想外の自分に飲み込まれ、本来の意識へと戻れなくなる旅。
だからこそ女性は言う。必ず戻ってきて。
彼らを戻れなくさせる危険な存在ーーそれは彼ら自身の顔をしている、ということが、この意味深長なVCRの中でも、最も強いメッセージだ。
4東方神起というカタチの変化
そもそも、東方神起というグループのヒストリーを考える時、5人時代と2人になってからの大きな違いは、東方神起とそのメンバーとの関係性ではないかと思う。

5人時代、東方神起とは、そのまま5人のメンバーを指していて、5人で初めて東方神起なのだという思いは、彼ら自身はもとより、ファンにも、あるいはスタッフにもあったと思う。

韓国のファン組織カシオペアはそもそも、Wの形をした5つの星をメンバー5人に見立ててつけられた名前だったし、中国活動時は、6人目のメンバーをいれようとした事務所と真っ向から対立、カシオペアは東方神起は5人のメンバーによってのみ成立するグループだという主張を譲らなかった。

ジェジュンジュンスユチョンの3人がSMを訴え、5人そろっての活動ができなくなる中、自分達のグループ名を単に頭文字を合わせただけのものにしたのも、5人でなければ東方神起ではないという思いがあったからだった。

そして、その後、自分達も東方神起なんだ、と語る時は、メンバーと東方神起がイコールで結び付けられるかつての文法で語っていたのだと思う。

それに対してユノとチャンミンは、ソロや新ユニットではなく、あくまでも東方神起として再始動することを選んだ時から、メンバー東方神起という文法を一度切り替える必要があった。

ユノ自身がインタビューの中で、誰かが東方神起を守らなければならなかったと語っているように、東方神起は、守られるべき理念、理想、夢へと形を大きく変えた。

東方神起とは、その名の元にスタッフ、ファン、メンバーが描く夢、希望そのものであり、メンバーはそれを体現する存在として、変わらず重要な位置を占めるものの、メンバーが、そのまま東方神起をイコールで結び付けるものではない。

それが、VCRで、石像としての彼らが復活しても、世界は変わらずまだ荒廃の中にあることの意味だと思う。
5東方神起を崩壊させることができる者

しかし、依然として、メンバーの存在はグループにとって大きい。日本だったら、モーニング娘。など、ガールズグループアイドルは、時にメンバーの卒業や入れ替えを行いながら、同じグループ名を残し続ける。それは、最も純粋に、グループの存在理由を、固有のメンバーに持たせない形で、表現しているケースだと思う。

東方神起の場合は、そこまで極端ではないが、スタッフやファンがどう夢や理想をその名の元に見るにせよ、それを体現する資格があるのは、固有のメンバーだ。

で、あればこそ、東方神起を崩壊させることができるのもまた、固有のメンバーだ、というロジックが生まれる。

つまり、ユノに刃をつきつけるチャンミン、チャンミンにきっさきを向けるユノ。それこそが、実は、東方神起を崩壊させることのできる、最も恐ろしい者になるのだ。

そして、ユノはチャンミンを倒せないし、チャンミンはユノを倒せない。

倒せばその瞬間に、2人のメンバーによってのみ、体現できる東方神起は、永遠に失われてしまうからだ。彼らはお互いに、かけがえのないパートナーでありながら、東方神起を崩壊させることのできる、最も恐ろしい敵にもなりうる。
6双頭のイーグルというモチーフ

VCRでは、2人が壁越しに背中合わせの体勢をとった瞬間、2人を隔てていた壁が消え、ユノは、チャンミンを倒そうとしている自分自身を、チャンミンはユノを倒そうとしている自分自身と対峙する。

決して倒すことのできない強敵。しかし、それが自分自身となるなら、あっけなく倒すことができる。

2人が、敵に追い詰められ、偶然取る背中合わせの体勢は、2つの頭を持ちながら1つの体として生きる、双頭のイーグルというツアーロゴに、そのヒントが見えるだろう。

東方神起を体現できるメンバーは、ユノとチャンミンだけれど、それは一心同体をイメージさせるような、調和融合の関係によってのみ、可能になることだ。

その、調和融合の関係を表す体勢が、あの、双頭のイーグルをほうふつとさせる、背中合わせのポーズなのではないだろうか。

この、調和融合の関係性の強調は、色のモチーフによっても表されている。

2人が石像から、生身の身体を取り戻していく時に現れる布は、チャンミンが青、ユノが赤になり、復活をもたらす謎の小箱も、赤い光と青い光に分かれていく。

赤とは情熱で、青とは冷静さ。赤は感情で、青は知性。赤が身体なら、青は精神。

そんな風に赤と青を、異なる2項対立のシンボルとして読むこともできるだろう。

けれども、それらがお互いに両極でありながら、対であるものとして存在しているように、東方神起もまた、異なる人格を持ち、対照性を持ちつつも、双頭のイーグルのように根底の所で一致する時、初めて、東方神起という世界は豊かに蘇るのだ。

たくさんのきらめく宝石が輝く中で、BEGINAGAINというメッセージとともに。

そしてこの時、VCRが終わると、ステージのライティングは、紫色になっている。まるで赤と青が融合したことを暗示しているかのように。

つまり紫色こそは、異なるものが合わさり重なる時に生まれる、東方神起という世界のシンボルカラーなのだと思う。

7サクラミチVCRの謎

紫色東方神起という世界の象徴として見るなら、最初に地中から小箱を掘り起こす不思議な女性の正体も、朧気に見えて来る。

彼女の手には、部品のような模様が紫色の光で浮かび上がっているのだが、そもそも彼女が最初に立っている場所はどこなのか、そのヒントが、突然挿入されるサクラミチの映像にある。

桜の木の下で、別れと再会を約束する2人。けれどもその映像は、やがて灰色になり、2人も消えてしまう。しばらくして、今度は石像がパラパラと崩れていく映像。

冒頭の、女性が小箱を掲げると、石像にヒビが入り彼らが復活するという部分につながることがすぐわかる映像だ。ただ冒頭と違うのは、カメラの視点が、崩れていく石像を内側から見ている点。

サクラミチは、兵役による活動休止前、東方神起としてリリースした最後のシングルであり、あの映像の華やかさは、東方神起が存在する世界そのもののイメージを表しているといってもいい。
けれども別れの時を迎えると、途端に、東方神起という世界は色を失っていくのだ。

そこで思うのだが、荒廃した冒頭の大地は、彼らが元立っていた桜の木が咲く美しい場所だったのではないだろうか?
桜の木の下で別れを告げた2人を、その後目覚めさせる力は、だからこそ桜の根本に埋められた。
実際にオープニングで、彼らが現れるのはステージの下からであり、箱の中に閉じ込められて登場している姿も、重ねて見ても良いかもしれない。

彼らが消えた後、色を失い、荒廃した世界。しかし失われた美しい世界の記憶は、時を経て、目覚めさせる力を掘り起こし、私達を救ってと、彼らに呼び掛ける。

スタッフと、ファンと、メンバーと、全ての思いが調和融合した瞬間に生まれる私達。
私達を体現できる、唯一の存在であるユノ、チャンミンが、様な対照性を調和融合した瞬間に生まれる私達。

ーーー私達とは誰だ?

WeareT

私達とは、東方神起。私達こそ東方神起だ。
冒頭の女性の腕に描かれた、機械の部品は、彼女がパーツかけらであることの暗示とみると、良いかもしれない。彼女は、かつて見事に融合調和していた東方神起という世界のパーツ。かけらなのだ。ーーああ、ここにも融合の欲望が、見え隠れしている。

かけらは、自分がはめられるべき世界を求めているものだ。異なるピースとつなぎ目がぴったり合わさる時、かけらに過ぎないものが、部分ではなく全体になる快楽を味わうことになるのだから。
8融合する瞬間

2017年の再起動は、融合が一つのテーマになっているんじゃないかと思う。

それはブログの記事や、拙書東方神起ユニゾンの瞬間の中で何度か触れてきたことなのだが、まず、リリースされたFineは、ディスク1にパフォーマンスが重視される作品、ディスク2、3に、歌唱力が重視される作品が振り分けられている。

歌とダンス。時にステージのパフォーマンスで、どちらも両立させることは至難の業になるが、それこそが東方神起だ、という無言のメッセージが、そこにはある。

また、過去曲と現在の曲。最も象徴的なのは、オープニングを飾るRebootと、ラストを飾るBegin。5人時代から2人へ。その歴史を分断されたものではなく、繋げていこうとする意思が感じられる。

ツアーロゴに起用され、舞台装置にもなっている双頭のイーグルは、まさに、異なるものが一つの体の中に融合することを表すシンボルだ。

それはユノとチャンミンのことだけでなく、ステージで踊る者とそれを見守る者、歌う者と聴く者、それらをあらゆる場所で支える者といった、私達の関係そのものを表しているのかもしれない。

私達の誰もが東方神起のかけらであり、部分であるとする時、その私達が融合する瞬間、東方神起は再生されるのだから。

奇しくも、TOHOダンサーズとしてステージでは、彼らとともに踊るバックダンサーAchiさんは1月14日付のツイッターで、こんなつぶやきを残している。

曲があって単に振りがついてるんじゃなく、ひとつひとつが作品であり物語を感じる。
僕たちは本人が届かないところの空間を広げる顔であり目であり、手であり足である。そういう一つひとつが作り出す空気感の中にいれることがダンサー冥利につきるし、そんな名作たちに携われて本当に幸せだと思います

この言葉ににじみ出ているものも、空間を広げる顔目手足といった、自分を全体のパーツ化、部分化してとらえる発想であり、名作のそうした部分を担えることを幸せだと感じる感情だ。

部分に過ぎない、ではない。偉大なるもの、素晴らしいものの部分を担っているという感覚は、うっとりするような感動を与えてくれるものだ。

WeAreT

私達の誰もが、東方神起のかけらであり、部分であり、私達が融合する瞬間ー東方神起は、再生される。

痛みを伴う過去も、喜びに満ちた現在も、ーー希望を取り戻した新しい未来に向けて。

東方神起ユニゾンの瞬間アールズ出版/桃田万里子著とうだまりこ
1月19日、20日、21日イオンモール大阪ドームシティ店3F未来屋書店にて東方神起MCを読むコラムカードをつけたものを販売しております。

アールズ出版よりご連絡重要追記19日に書店に行かれた方、コラムカードの発送が、会社側の手違いで、20日に届く形になってしまいました。もし、19日にコラムカードがない状態で購入された方がいらっしゃいましたら、アールズ出版までご連絡いただければ、コラムカードを送ります、とのことです。

また、東方神起ライブMCを読むというコラム内容とは別のコラムカードが入ってしまっている場合があるそうです。
その場合も、あらためて、東方神起ライブMCを読むコラムを送りますという話でした。

更に、19日に書店に行き、コラムカードがないと言われて購入を見送った方についても、書籍の送料代引き230円等はいただきますが、あらためてコラムカードをつけて送りますとのこと。

に該当する方はお手数ですが、アールズ出版営業部までご連絡ください。
アールズ出版03-5805-1781/eigyours-shuppancojp
21日日14時30分〜15時までの間、私も書店にうかがうつもりですが、特別にイベント等が準備されている訳ではありません。

その為、未来屋書店さんにお問い合わせ戴いても、書店では対応ができません。ご了承ください。

今後も、楽天他、各種ネットでも注文いただける他、全国の書店でもない時は注文して頂ければ手元に届くかと思います。

他、ネット上に書いてくださったレビューは、お返事できないものの、全て目を通しています。ありがとうございます、としか言いようがないのがもどかしいくらい、レビューをいれてくださる方には、感謝しています。感想を言葉にして残してくださって、本当にありがとうございました。

桃田万里子


私が敬愛するアップルさんのメルマガのお知らせです。
今、オリンピックと芸能人というコラムが配信されています。

オリンピックでは、北朝鮮との合同旗を持った入場行進や、競技も合同で行うといったことが、国民や選手の意思を軽視した政治主導型の企画、として韓国国内でも批判が出ていますが、芸能人の起用も。今、東方神起が軍にいたら。色考えてしまう内容です。
東方神起と徒然/appleさん

みなみちゃん情報比菜ちゃん情報


CS放送のゴルフネットワークのオリジナル番組ゴルフ真剣勝負theMATCHの
2月の対決は。。。みなみちゃん勝みなみ()ピロと比菜ちゃん新垣比菜()プロですよぉ〜

まだ、ゴルフネットワークのNEWS欄に出てるだけで、
番組HPは1月の対決のままですがなので、画像が無い(--;)

以下、ゴルフネットワークのHPのNEWS欄から転載
--------------------------------------------------------
ゴルフ真剣勝負theMATCH23〜勝みなみvs新垣比菜〜

プロによる1対1の真剣勝負をお届けする新番組。ゴルフ専門チャンネルだから見ることのできるマッチメイクで、プロ同士の真剣勝負を2時間にわたって放送。番組ではプロのテクニックに留まらず、クラブ選択や状況判断などのプロの考え方も紹介し、アマチュアゴルファーにも参考になる情報をお届けする。

放送予定
放送日程
放送エピソード
2018年2月7日水
午後9:00〜午後11:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
初回
2018年2月10日土
午前10:00〜午後0:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月13日火
午前11:00〜午後1:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月15日木
午後4:30〜午後6:30
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月17日土
午後11:00〜午前1:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月23日金
午前8:00〜午前10:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月25日日
午後5:00〜午後7:00
ゴルフ真剣勝負theMATCH23
2018年2月26日月
午後11:15〜午前1:15
ゴルフ真剣勝負theMATCH23

ニンテンドーラボを絶賛してるけど、別に

ニンテンドーラボを絶賛してるけど、別にニンテンドーラボがゲームとして面白そうとか、大ヒットしそうとまでは言っていないので、そっち方向で否定されるのはたいへん不本意。

小室氏へのステレオタイプな批判が的はず

小室氏へのステレオタイプな批判が的はずれで怒りを感じます。妻の高次脳機能障害とご自身の肝炎で疲弊していた時に相談相手になって頂いたと言う観点を全く無視した不倫あかん!という一点突破。不快です。介護している人は誰も頼ってならないのか。

2018年1月19日 (金)

もっと明るく過ごせよ。そんな理由で引退

もっと明るく過ごせよ。そんな理由で引退はだめです。小室哲哉、復活を!

赤ちゃん訪問と2回目の予防接種

一般的には生後1月で赤ちゃん訪問を受ける方が多いかと。私の場合は産後すぐに実家に帰り、
戻ったあとも生活のリズムが出来るまで時間がかかり
赤ちゃん訪問を先延ばしに。
正確にいうと散らかり放題の家に来てもらうのが
抵抗があったから。今もあまり変わらないけど
体重測定のバネ秤のケースから足が大きくはみ出す。
そりゃそうだ。新生児用だし。
家で簡易計測しているけどそれを下回る数値で。
焦る母乳だけで足りていると思っていたのに
ミルクをやめて約1月。最後に病院で計測してから
日に16gしか増えていない計算。
おっぱいを見てもらうもお乳の出はいいみたい。
でも最近飲み終えたあとでもシコリが残るので
そのせいで折角作られているお乳が勿体ないし、
それを全部飲めたら体重がもう少し増えるかもと。
近くの桶谷式マッサージと助産院を紹介された。
腱鞘炎になる前は飲み残しを手搾乳していたけど
今は全く出来なくて。プロの施術を受けたら
いいお乳が出てくるのかな。
同日に2回目の予防接種の為に病院に行ったので
先生に言って体重測定をしてもらう。
バネ秤での計測と130gの差が。
先生は成長曲線内だし、全く問題ないよと。
来週には区の3-4月健診があるのでそこでも
相談してみよう。
2回目の予防接種もギャン泣き
30分前に授乳したせいでロタワクチンを
うまく飲んでくれず。
次回はちゃんと空腹時にいかないと

桶谷式に行かれた方
どんな変化があったのか、どれくらい通うのか等
実体験や感想を教えて頂けたら幸いです。

音楽小室哲哉引退不倫関係改めて否定がい

音楽小室哲哉引退不倫関係改めて否定がいる時も複数回来ていただいた180119他

世界の声に耳を傾けて@スーパープレゼンテーション

http://blog.goo.ne.jp/ska-me-crazy2006/e/c0d04c4c31ddec2434d3428368719aaf

«転んだ…。